ブログ記事の文字数ってどれくらいがいいの?多い方が?それとも・・・

ブログ

ブログの文字数ってどれくらいの文字書いたらいいの?

って結構ブログ記事の文字数って気になる方多いですよね。

かっぴー
かっぴー

私も昔はかなり気にしていました!
今はそんなに気になりませんがちょっと気になったりもします笑

ブログ記事の文字数はどれくらい?っていろいろ調べてみると

「文字数は関係ない」
「3,000文字くらい」
「文字数は多い方が良い」

とかっていろいろ言われていたりしますよね。

結局どうなの?って思いますよね!

かっぴー
かっぴー

私自身はブログによっては1記事1万文字以上の記事も書いていますし、3,000文字や1,000文字程度も記事もあります。

1,000文字程度で上位表示している記事もあれば10,000文字以上書いても上がらない記事もいっぱいあります。

ということは文字数は関係ないの?っていう話になりますが、そうとも言い切れないと思いますのでブログ記事の文字数というところをもっと深く見ていきたいと思います。

ここでは

・文字数は関係ないと言われる理由
・3,000文字くらいが良いと言われる理由
・文字数は多い方が良いと言われる理由
・文字数以外に考えるべき大事なポイント

といった流れで紹介していきたいと思います。

文字数は関係ないと言われる理由

まず文字数が関係ないと言われる理由としては

ユーザーニーズを満たしているのかどうかというところを重視した考え方になります!
かっぴー
かっぴー

ユーザーニーズを満たすことを大前提に考えると文字数は関係ないという話になりますよね!

また、ユーザーニーズを満たす記事がどれくらいの文字数かは書く記事のキーワードによっても変わってきます。

「〇〇商品最安値のお店」というキーワードで上位表示させたい場合、最短で素早く最安値のお店を紹介してあげることが大事ですから文字数は少なくても良いという考え方になるかと思います。

逆にこの記事のように「ブログ記事の文字数はどれくらい必要?」といったような記事の場合、ある程度説明が必要ですよね。

っていう話です。

ユーザーニーズに答えているのかが大前提だが・・・

まず「文字数をどれくらい書けばいいの?」っていう考え方になるのはなぜなのか?

かっぴー
かっぴー

おそらくSEOを意識している方ですよね!

googleなどの検索エンジンで上位表示させたいと思っている方だと思います。

もしSNSでフォロワーが多くいて、その方たちに向けて記事を書くなら何文字書いたらいいか?なんて考えにはなりませんよね!
普通にフォロワーさんのユーザーニーズを満たせる記事を書けばいいわけですよね。

本当はそれが答えでgoogleなどの検索エンジンもユーザーニーズを満たせる記事を書けば上がるというのが基本なんですけど、そうもいかないのがSEOですね。

ここに関しては下の「文字数以外に考えるべき大事なポイント」を見てみてください。

でも基本はユーザーニーズを満たした記事ということが大前提にあります。

3,000文字くらいが良いと言われる理由

3,000文字くらいが良いと言われている理由としてはちょうど読みやすい文字数ということが言われています。

あまりにも短いとしっかりとユーザーニースに答えられているのか?となるのもありますし、長い過ぎると集中力が切れて途中で読まなくなっていしまうということですね。

そうなればそれはそれでユーザーニースに答えられていないということになるのかなと思います。

ただ、3,000文字くらい書けばいいんだな!って先に考えてしまうと失敗する可能性があります。

文字数から考えてしまうと失敗してしまう可能性がある

かっぴー
かっぴー

文字数から考えてしまうとこのユーザーニーズというところがブレてしまう可能性があるんですね!

例えば1記事3,000文字がいいって言われたから「3,000文字は書かないと!」ってなって、今2,000文字だからあと1,000文字何か書こう!って書いたら記事の内容がブレたりするんですよね!

そうなってしまうとユーザーニーズを満たしていない記事が出来上がり上位には上がらないという結果になります。

それだったらまだ2,000文字の方がいいですよね!って話になります。
3,000文字は書かないとって思ってもユーザーニーズを満たしている記事になればそれはそれでいいんですけどね。

かっぴー
かっぴー

もし3,000文字とかよりも多く5,000文字とかになるなら、記事を分けて別で記事を書くという方法も一つですし、5,000文字以上だけど1記事にまとめた方が良いと思うならそれはそれで良いと私は思います。

絶対そうしないといけないということではなくて、書く記事によっても違うし、なるべくそれくらいの文字が読みやすいから良いという話ですよね。

文字数は多い方が良いと言われる理由

単純に考えると文字数が多い方がいろいろなキーワードで引っかかってくるのでスモールキーワードでアクセスが拾えるということもあるでしょうし、上位表示している記事も文字数が多いことが多かったりもします。

ただ、これは単純に文字数が多いから良いということではなくて、その記事に関してユーザーニーズを満たすために、より深く網羅的に説明した結果、文字数が多くなったということだと思います。

文字数が多くても上がらない場合も多いですからね。

ただ単に文字数を増やせば良いという話ではないですね。

文字数以外に考えるべき大事なポイント

ユーザーニーズ

文字数が多くても上がらないことはよくあります。

それは上でも紹介した通り、その記事タイトルに対してユーザーニーズを満たしていない内容の記事を長く書いているだけということが考えられます。

記事のタイトルと検索意図が一致していて、ユーザーニーズを満たすということが大事です。

その結果細かく説明していくうちに文字数が長くなってしまったのならこれはオッケーですよね。

文字数が少なくても上がる

検索エンジンの上位に上げるということ前提に考えるのであれば、検索エンジンの上位に上がるのかどうかは相対評価なわけです。

他のライバルサイトよりも良ければ基本は上に上がってくるわけですよね。

ということはライバルの弱いキーワードで記事を書けば1,000文字でも上がりますし、ライバルの強いキーワードなら10,000文字書いてもなかなか上がりません。

ということです。

ドメインの評価も関係

さらにドメインの評価も関係してきます。

ここでどれだけ良い内容の記事を書いたとしてもドメインの評価が低いと上位にはなかなか上がりません。

なのでもちろん質の良い記事を書くことは大前提でドメインの評価を上げることも考えないといけないということです。

これは評価の高いドメインからリンクをもらうなどが一つです。

読みやすさ・画像などを追加して説明

昔は特に文字数が大事な時代もありましたけど、今は滞在時間なども大事(記事内容にもよる)だったりします。

滞在時間を延ばすということを考えたときに文字ばかりだと読みにくいので離脱してしまう可能性もありますよね。

それだったら画像を入れたり、動画を入れたりすることで読みやすくして、滞在時間延ばすということも考える必要があります。

文字ばかり10,000文字よりも3,000文字で画像などを駆使して説明するのとではどちらが読みやすいのか、読んでくれるのかも考えると良いと思います。

ここで難しいのが10,000文字書いたほうが上位に上がる可能性もあるというところがまた難しいところではあるんですけどね。

まとめ

結局何が正解なの?って話ですが、

どれが正解とかはないと思いますが、

かっぴー
かっぴー

私としてはユーザーニーズを満たす記事というのを前提に考えて、どうしても1記事にまとめて説明しなければいけない場合は長くなっても1記事で、もし分けて説明した方が良い場合は記事を分けるという感じで臨機応変に考えるのが良いのかなと思っています。

ここのブログでは2,000文字程度の記事もあれば6,000文字くらいの記事もあります。

特に文字数にはこだわっていません。

かっぴー
かっぴー

文字数はこだわってはいませんが文字数が多いとしっかり書けたかな?とはちょっと思ったりもしますけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました