ブログのキーワードの探し方・選び方|自分の脳とツールを最大限に活用

ブログ

まずブログを書くとき「何を書こうかな?」って考えますよね。

そして、「ジャンル」、「キーワード」、「タイトル」を考えて、
タイトルが決まったら記事を書いていくわけですが、

ここで

「どういったキーワードを選べば良いのかわからない!」

なので

「キーワードが決まらない・決められない!」

という方もいると思います。

ここでは

・初心者でどういったキーワードを選べば良いのわからない
・なかなかgoogleなどの検索エンジンからアクセスがなくて困っている

という方向けにアクセスを集めるために選択するべきキーワードの探し方、選び方ということで紹介したいと思います。

キーワードの探し方

かっぴー
かっぴー

まずはキーワードの探し方から一緒に考えていきましょう!

あとでツールも使った探し方を紹介しますけど、まずは自分の頭で考えることがとても大事だと思います。

かっぴー
かっぴー

ツールだけに頼ってしまうと自分で考えられなくなりますから!

キーワードは無限とありますよね!
日々新しいキーワードがどんどん出てきています。
その中からどういったキーワードを選べば良いのでしょうか。

まずはあなたのブログに関連するキーワードや書きたいキーワードを一つ考えてください。

ここではわかりやすく一つピックアップして【VOD】で考えていきたいと思います。
まずタイトルが「VOD」だけで記事を書く人はいないですよね。

記事タイトルが

「VOD」・・・

いませんね。

「VOD+〇〇」、「VOD+〇〇+〇〇」などになると思います。

では

かっぴー
かっぴー

まず「VOD+〇〇」でどういったキーワードがあるのか検索されそうか考えてみてください。

私は

「VODの選び方」
「おすすめ VOD」
「VOD比較」
「VODどこがいい」
「VOD安い」

など浮かびました。

大体みなさんも同じような感じかなと思います。
全部「VOD+〇〇」なので思い浮かびやすいと思います。

かっぴー
かっぴー

おそらく多くの方が検索しているキーワードだと予測されます。

では次はVODというキーワードを使わずにVOD関連のキーワードは「何かないかな~」って考えていくつか出してみてください。

私は

「動画配信」
「動画配信サービス」
「ネット動画配信」
「インターネット動画配信」

などが思い浮かびました。

VODという言葉を知っている方はVODで調べるかもしれませんが、この言葉を知らない方はこういった別のキーワードで調べますよね。

かっぴー
かっぴー

このあたりのキーワードでも調べる方が多いと思います。

さらに考えていきましょう!

「VODってどんな動画が配信されているの?」って普通思いますよね。

映画、ドラマ、アニメなどが考えられますよね。

じゃあ調べるときどういったキーワードで検索しますか。

「動画配信 映画」

「VOD ドラマ」

かっぴー
かっぴー

う~ん・・・

VODって「u-next」や「fulu」などいろいろありますよね。

ネット配信はいろいろな業者がやっていることは知っている方が多いと思いますので「動画配信 映画」とかではなくて、「VOD業者+ジャンル」、つまり「u-next 映画」とか「fulu ドラマ」で調べるんじゃないかと推測されます。

実際のキーワードボリュームを見てみると(キーワードの調べ方はあとで紹介します)

キーワード 月間キーワードボリューム
動画配信 映画 10~100
VOD ドラマ 10~100
u-next 映画 1000~1万
fulu ドラマ 1000~1万

普通に考えればわかりますよね。
でも「動画配信 映画」で調べる方もいますけど少ないことがわかります。

ではもう一歩絞り込んでいくと「映画」や「ドラマ」で調べる人は映画名などで調べますよね。

「スターウォーズ」はどこの動画配信サービスでやっているのかな?って思った人は「ネット配信 スターウォーズ」や「動画配信 スターウォーズ 」などで調べるかなと思います。

さらにはVODを指定して「u-next スターウォーズ」で調べる方も多いと思います。

かっぴー
かっぴー

もっともっと考えてみてください。

リアルなキーワードってどこに眠っていると思いますか?

VODの公式サイトです!

では探しに行きましょう!

U-NEXTに行ってみます!

かっぴー
かっぴー

いっぱいキーワードがありますね~^^

「ドキュメンタリー」とかもありますし、ドラマとか映画のジャンルで「ラブコメ」とか「ラブロマンス」とかこういったところも後で関連キーワードや検索ボリュームを調べてみると良いですよね。

他にも機能性などもいろいろありますよね。

「同時にいくつ見られるのか?」とか「利用できる端末は?」とか

かっぴー
かっぴー

もっと感情的なキーワードもアリかもしれませんよ!

「動画配信サービス 使いやすい」「動画配信サービス 見られない」とか

このあたりはまだ需要があるキーワードかはわかりませんよ!

何となく考えられるかなと思ったキーワードを挙げているだけです。

といった感じで調べられそうだな~と思うキーワードを考えていきます。

かっぴー
かっぴー

このあたりは誰でも考えられるところだと思います。

こういった考え方をすればいろいろなキーワードが見つかります。

さらにいろいろ自分で考えていくとユーザーが求めているお宝キーワードが見つかる可能性があるんですよね!
ツールばかりに頼っているとなかなか難しいですよ!
みんな使っていて同じ結果が出ますからね!

ではここからはツールでキーワードを抽出してキーワードを探す方法です。

ツールを使ってキーワードを探す

ツールを使えば自分の思いつかなかったいろいろなキーワードが見つかる可能性があります。

ちなみにキーワードを調べるために使う主なツールは

などがあります。

ここでは

・関連キーワード取得ツール
・キーワードプランナー

を使って紹介していきたいと思います。

「VOD」のキーワードをツールで調べていきたいと思います。

まずはキーワードプランナーで探していきたいと思います。

キーワードプランナーで関連キーワードをチェック

キーワードプランナーでは一つのキーワードを入れるとそれに関連したキーワードが一覧で出てきます。

まずはやっていきましょう。

キーワードプランナーのトップで「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

そして、こちらの画面のキーワード入力欄にキーワードを入力します。

ここでは「動画配信サービス」で入力しました。

そして、「結果を表示」をクリックすると関連キーワードが一覧で出てきます。

併せて月間平均検索ボリュームも表示されています。

ここで「映画 見放題」や、「アニメ 見放題」というキーワードもアリだな~ということがわかるわけですね。

こうやって検索ボリュームを見ながら良さそうなキーワードを見つけていきましょう!

かっぴー
かっぴー

この検索ボリュームが1000~1万とかになっていると思います。

この数字をもっと詳細に知りたいのであればリスティング広告を数百円程度利用する細かな数字が見られます。

リスティング広告とは~OLSの特徴やメリット、やり方を一挙公開!
リスティング広告について調べていて、当記事にたどり着いたということは、皆さんはリスティング広告をこれから始めようとしているのではないでしょうか。今回は、リスティング広告について基礎から応用までしっかりと理解できるよう解説します。

次は関連キーワード取得ツールを使っていきます。

関連キーワード取得ツールでサジェストキーワードチェック

関連キーワード取得ツールでは調べたいキーワードを一つ入れるとそれに関連したGoogleサジェストキーワードが一覧で出てきます。

検索したときに出てくるこれです。

このツールを使って気になるキーワードの関連キーワードをまとめて抽出しましょう!

まずは「VOD」のキーワードを入れて検索してみます。

そうすると「VOD+〇〇」という関連キーワードが一覧で出てくると思います。

私達が調べたいVODとは関係ないキーワードもいろいろ出てきますね。

ここだったら「VOD 比較」、「VOD おすすめ」、「VOD 無料」といった関連しているキーワードでよく調べられていることがわかります。

ちょっとこれでは微妙だなと思ったら上でもちょっと考えたキーワードを変えて検索してみましょう!

たとえば「動画配信サービス」ならどうでしょうか。

「動画配信サービス」で検索するとこんな感じですね。

するとほぼ全部関連したキーワードですね。

ここでちょっとピックアップしてみてみたいと思います。

「動画配信サービス 中国」「動画配信サービス 中国語」なども検索キーワードにひかっかってきています。

「動画配信サービス 中国」は中国のドラマなどが配信されている動画配信サービスを探している方だと思います。

「動画配信サービス 中国語」は中国語の動画配信サービスを探している方だと思います。

さらに「動画配信サービス 洋画」で検索すると「動画配信サービス 洋画+〇〇」というキーワードが出てきます。

サジェストがある限りどんどん深くチェックできるようになっています。

深くなればるほど検索ボリュームも少なくなりますが、ライバルも減る傾向にありますね。

先ほど上で自分で考えたキーワードでもチェックしてみると良いと思います。

キーワードだけに頼っている人とは違うキーワードが見つかるかもしれませんよ!

そして、次はキーワードプランナーを使って検索ボリュームをチェックします。

キーワードプランナーで検索ボリュームをチェック

キーワードプランナーは関連キーワードもチェックできますし、キーワードの月間平均検索ボリュームなどがチェックできます。

これでどういったキーワードでどれくらいの検索ボリュームがあるのかがわかります。

ということは単純に考えれば検索ボリュームが多いキーワードを選んで上位に表示させればアクセスが多く流れてくるということになります。

ではどうするのかというと

先ほどの関連キーワード取得ツールで検索した画面の「全キーワードリスト」というところのキーワードをまとめてコピーします。

そして、キーワードプランナーの最初の画面の「検索ボリュームを予測のデータを確認する」をクリックします。

そして、そこに先ほどコピーしたキーワードをまとめて貼り付けて「開始する」をクリックしたら完了です。

そうすると「過去の指標」のところで「月間平均検索ボリューム」がまとめてチェックできます。

ただ、キーワードのボリュームも完璧に正しいとは言えないと私は思っていますのでそのあたりは頭にいれておいてください。
かっぴー
かっぴー

キーワードボリュームが全然なくても稼げるキーワードはあるということです!

それがある意味お宝キーワードだったりするわけです!

といった感じでこうやってキーワードを探していきます。

で次はキーワードの選び方です。

キーワードの選び方

いろいろなキーワードがチェックできてキーワードボリュームもわかりました!

次は【キーワードの選び方】です。

ここもVODで考えていきましょう。

まず「vod 比較」で考えてみると多くの方が検索していて当然検索ボリュームも多く、上位に表示されれば多くのアクセスが見込めるキーワードですね。

「vod 比較っていうキーワードいいな!」ってみんな思いますよね!

でここで「vod 比較」のキーワードで書いても良いのですが、まず上位にはなかなか上がらないでしょう!

googleの検索順位は他サイトとの相対評価で決まります!

なのでその検索結果の上位のサイトよりも良い記事だと判断される必要があります。

補足すると記事内容だけでなくてドメインの評価(権威性など)も関係してくるのでさらに厳しい
かっぴー
かっぴー

もう一度「vod 比較」で検索結果をみてください。
上位にあるサイトの記事内容に勝てますか?

じゃあここで「vod 比較」で記事は書かないのかというと別に書いても良いです。

他のアクセスが集まりやすいキーワードで記事を書いてアクセスを集めて「vod 比較」の記事に流すということをするのも悪くないと思います。

ただ、最初からずっと「vod 比較」とか「動画配信サービス 比較」とかばかりのライバルの多いキーワードばかりで記事を書いていてもなかなか検索エンジンからアクセスは流れてこないということです。

逆に全く検索ボリュームがないキーワードで記事を書いても1位とかになっても全然アクセスがないということもあります。

結局は自分が書こうと思ったキーワードが結構検索されそうなキーワードでかつ他の上位にいるサイトに勝てるかどうかということがポイントになります!

もちろん今は勝てなくても将来逆転するということも考えて書いても良いと思います。

では検索ボリュームもありそうで検索上位に上がってきそうなキーワードをちょっと調べたりして考えてみてください。

稼ぎたいという方は稼げそうなキーワードかどうかも考えてみてください。

キーワード2語とかだと結構厳しそうなので3語、4語というところを探していく場合もありますし、ちょっと違うずらしたキーワードで書くというのもあります。

おそらくVODに詳しい人だといろいろなキーワードが思いつくかと思います。

「自分がこれからVODを使うとなったら何が知りたいかな~」とか
「VODを利用しようとしている人は何で悩んでいるんだろう」とか

どうでしょうか。

私は自分がVODに契約するときには「解約方法」などが知りたいと思いましましたし、今はこれっていう作品を見たいというのは浮かばなかったのでジャンルが多く、作品数が多いところのVODを利用したいなと思ったりもしました。

で私ならVODとはキーワードは入れませんね。

ネット動画配信とかのキーワードで調べるかなと思います。

まとめ

・自分でキーワードを考える
・関連キーワードを調べて
・検索ボリュームを調べて
・ライバルを調べて
・オッケーなら記事を書く

という流れかなと思います。

自分であまり考えずにツールを使うとライバルだらけのキーワードしか出てこないのでやっぱり自分で考えるということがキーワードの幅を広げるのに良いのかなと思います。

やり方は人それぞれ違うのですが、私はこういった方法が良いのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました